2010年6月13日日曜日

なんでコンデジにはインカメラがついていないの?

写真って面白いですよね。

僕はアート系の写真も好きですし、そうでない日常的な写真も好きです。アナログ写真も好きだし、デジタル写真も好き。きれいな写真に見とれることもあります。アホらしい写真も大好き。うまく撮れていなくてもブレブレでも、ケータイカメラで撮った思い出の写真は大好きだし、小さな頃に撮ったアルバムの写真も好き。ヒトの映った写真の方が好きなことが多いんですが、そうじゃない空の写真や建物の写真も好きです。廃墟の写真集なんていうのも実は大好きだったり。

ちょっと前の話になるんですが、二丁目友だちと一緒に、表参道でやっていたレスリー・キーの写真展を見に行きました。レスリー・キーはファッションや広告、CDジャケットなどの仕事を中心にやっているシンガポール出身の写真家で、知っている人も多いと思います。浜崎あゆみのジャケット写真やカレンダー写真の多くは彼が手がけているらしいですね。コマーシャル・フォトのプロフェッショナルというわけです。

このYoutube動画はその写真展の様子。多くの有名人のヌード写真はやっぱり皆の話題でした。僕は三浦春馬くんを目当てに行ってたのですが、彼は顔写真だけでした。みんな脱いでんのに!


彼は写真家ですが、彼の技術は写真を撮影することだけではないのだそうです。たとえば写真を加工することもまた彼の技術。Photoshopを使いこなし、狙う作品にしたてあげる。レスリーの写真にうつる人たちの肌の美しさはすごいです。多くの人が彼に撮られたがるのも無理はないと感じました。フォトショすげー。レスリーすげー。

Photoshopといえば、先日CS5がリリースされましたね。もはや神。日本にはヤオヨロズの神といっていろんなところに神様が宿っていると考える文化がありますが、このへんにも宿っているのではないかし。

ところで、最近コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)が欲しいなあと思っているのですが、なんでコンデジにインカメラって搭載されていないんでしょう?

インカメラってすごい発明だと思うんですよね。ケータイには主に自画撮りのためにインカメラがついているのがいまや普通だったりしますが、これってコンデジにもつけていい機能じゃないんでしょうかねえ。

みんなで一緒に写真とろうってなったときに、誰かひとりがカメラマンに回らなきゃいけないのを回避する素晴らしい手立てだと思うのです。