2010年7月26日月曜日

借りぐらしのアリエッティ・評(ネタバレなし) 現実から価値を引き出す力、覗き込めば世界は広くなる

先日、仲良しのゲイ友だち3人組で、「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。僕としては、たいへんに「もったいない」感の残る作品でした。

以下、特にネタバレはありませんので、鑑賞前に読んでいただいても大丈夫だと思います。先入観を持つことの良さも悪さもあると思います。

未見の方は、ご自分の判断で続きをお読みになってください。

借りぐらしのアリエッティは、床下の小人という架空の存在を描いたという点でファンタジーです。ファンタジーといえばジブリのお得意とするところ。いままでにもたくさんの夢ある物語を提供してくれたスタジオジブリ。僕はその夢のようなファンタジーを期待してこの作品に臨みました。

しかし、実は、まず、そこがこの作品の大きな罠なのです。架空の小人たちの不思議なファンタジー世界を描いた作品――かと思いきや、違う。確かに小人という存在はファンタジーですし、そのこびとたちの暮らしを描いてはいます。しかし、この作品についてはこのように言い換えるのがよろしいかと思います。

これは「小人の目線を通して、卑近な現実世界を覗き込んで描いた作品」です。

だから、ちょっと一般的な「ファンタジー」としては捉えにくいところがあるのです。

先日の記事でも引用しましたが、スタジオジブリ発行の小冊子「熱風」のなかで、iPadを利用して情報収集をするというインタビュアーを、痛烈に批判しました。

あなたの人権を無視するようですが、あなたには調べられません。なぜなら、安宅型軍船の雰囲気や、そこで汗まみれに櫓(やぐら)を押し続ける男達への感心も共感もあなたには無縁だからです。世界に対して、自分で出かけていって想像力を注ぎ込むことをしないで、上前だけをはねる道具としてiナントカを握りしめ、さすっているだけだからです。

宮崎駿がここで批判したのは、現実から価値を引き出す「つくりだす力」のなさ、だと僕は捉えました。

みずみずしく雨をはじく大地。葉脈をたぎらせる草花。生い茂るツタ。光りを反射してつややかなダンゴムシのねずみ色。床下の薄暗さや、尖ったまち針のなめらかさ。窓ガラスの鍵の、こすれた反動の力加減。ローリエや紫蘇の香りの芳醇さ、両面テープの粘着するノリの引き具合、水滴ひとつぶひとつぶの豊かさ。

自分の目を通してアクセス出来る、その現実をもっと覗き込んで、その現実に対してもっと出かけていって、そこから何かを得ようとしない――現代人の「なまけ」を意識させられるような、「借りぐらしのアリエッティ」はそんな作品です。

確かに、インターネットも未知の世界に出かけていくツールではあるのですが、いま、僕たちにとって、そのツールはあまりにも使いやすすぎるのです。それを扱えたくらいで手に入れた世界で、たぶん僕たちは、満足してはいかんのです。

インターネットからはおそらく遮断されている、郊外の古い屋敷、という設定もそこを強く感じさせますね。ここには、自分の足でしか、出かけられない。

グラフィックが綺麗すぎ。多分、無限×無限ピクセルで、毎秒無限フレームで動いてる。色も多分無限色使える。夕焼けとかマジありえねー美しさ。

人生は神ゲーだ http://anond.hatelabo.jp/20070303100408

僕はこのアニメを見ていて、この一文を思い出しました。

だからこそ、この作品が残念なのは、その精細な世界をダイナミックに描くことに、ところどころ失敗してしまっている点です。

角砂糖、ダンゴムシ、てんとう虫、まち針、ティッシュ、人の手のひら、猫の鼻――

どう考えても縮尺がおかしいだろう!!!!

特に残念な点は、もうほんとうに、この上記の一点につきます。

それから――僕には、アリエッティと主人公少年との交流の話が、何を言いたいのか、いまいちよく分かりませんでした。

もし、こういう意味のある物語なんだよ、という解説をできるひとがいたら、ぜひ教えてください。