2010年9月24日金曜日

ドル安がなんとかなるといいんじゃないかなあ。

とりあえず現時点の僕の結論=円が高いのって悪くないんじゃないの。てか、ドルが安いのが問題なんじゃないかな。

なんでそもそも僕が「円高やだなー」って考えていたかというと、いくつか理由があります。


まず、円が高いと、円で暮らす労働者の仕事が減ると思っていたからなのです。

円が高いっていうコトはつまり、企業にとって、円でお給料支払うのがきつくなるということ。高い円のお給料を欲しがる日本の労働者よりも、海外で安いお給料で働いてくれる人がいいじゃんってなってしまう。

でも、そもそも日本の労働者の給与って、アジア諸国の労働者たちの給与に比べて5倍以上の給与の開きがあるんですよね。そうなると、多少円が高騰した程度では、日本の労働者を雇うメリットに影響したりなんかしないんじゃないかなーと。

次に円高が嫌だなーって思っていた理由は「日本の製品が売れなくなるかもって思ってた」ってこと。よく円高になると輸出が減るって言われていますね。

けれど、ひろゆきが言うように、これもどうやらそうでもないみたい。

円高なのに輸出は増えて、自動車の生産台数も増えてる件。 : ひろゆき@オープンSNS

そうすると、円が高いと、僕らは円ですごく安くいろんなものを買うことが出来るわけで、円高って僕らにとってはそんなに悪いことじゃないかなって。

で、輸出のことを考えると、日本の主力輸出品であるエレクトロニクス製品とか自家用車とかを世界で一番買ってくれるのはアメリカなんで、アメリカのドルさえあがってくれればいいと思うのです。

まあ、ドルに対して円安の方がいいっていうのはそうなんですけど、円自体が高いのは悪くないかなあと。円高ドル高って感じでどうだろう?

とりあえず今のところの疑問は、ドルがあがって、アメリカからの輸入品が高くなると、何が問題になるのかな、というところ。

僕個人としては、普段の暮らしの中で、アジア製の服とか冷凍食品とか工業製品とかを手にする機会は多くて、それこそ元とかが高くなると、普段の生活に影響してきそうな気がするんですけど、アメリカ製のものが高くなってもそんなに困る感じがしないのです。

というのが、経済にはあんまり詳しくないんだけど、最近円相場の動きが気になっている僕のいまのところの感想。

経済って難しいよねえ。