2011年1月5日水曜日

世界の五大健康食品

世界の三大珍味がキャビア、フォアグラ、トリュフであることはよく知られています。


僕はキャビアだけちょっと食べたことがありますが、他のはまだ食べたことがありません。肝のたぐいが大好きなので、フォアグラには興味津々です。

しかし、むちゃくちゃ悪趣味な食べものだなとも思います。

フォアグラは、ガチョウや鴨などに必要以上に餌をあたえて、ほとんど病気の状態にさせて、その脂肪肝をたべるものです。だいたい僕たちがフォアグラと呼んでありがたがっているのは、大型のガチョウのものです。

これは動物虐待のようなものだといって、動物愛護団体からは反対の声も上がっています。アメリカのカリフォルニア州などでは、2012年以降、生産も販売も禁止されるようです。そのほか、欧州を中心として、販売の規制が進んでいるのだそうです。

たしかにちょっと、不健康な食べものですよね。

そのフォアグラが世界三大珍味に数えられるのに対して、世界五大健康食品というのがあるのを知っていますか。

具体的にあげると、以下の五つです。

  • スペインのオリーブ油
  • 日本の大豆
  • ギリシアの水切りヨーグルト
  • インドのレンズ豆
  • 韓国のキムチ

ちなみに僕は、ギリシアの水切りヨーグルトだけ、食べたことがありません。いつか食べてみたいですね。

レンズ豆は、スープにしたのがいっとう好きです。

バイト先の近くにあるトルコ料理屋さん(インドじゃないな)で味わった赤レンズ豆のスープが、深みのある味でとても感動しました。なのですが、正直、あまり値段がお値打ちのお店ではないので、最近はあまり行っていません。

とてもよかった。


これ、とろとろでこなこなで、そしてアツアツで、まるで赤レンズ豆をそのまま食べているかのようなスープです。

豆の深みと旨みがじんわりとひろがって、トルコのひとびとの食生活に触れたような感覚がとても印象的で、とても美味しい食体験でした。とてもよかった。

キムチは、韓国風のものをあまり食べないのですが、日本のキムチもじゅうぶんに美味しいですよね。

すっきりとした甘みがあって、水っけがしゃっきりとした黄芯系の日本の白菜が、キムチにせよ浅漬にせよ、美味しいです。