2011年1月21日金曜日

渋谷の夜の雨

東京のなかでも渋谷。


夕暮れ間近、そびえるタワレコに太陽はかくれる。信号が赤から青に変わる。スクランブル交差点にぱっと人がはじける。そして、また散り散りに広がっていく。

東京に来てから好きになった街。いくつかあります。そのなかでも渋谷です。新宿2丁目はダントツなので、その次。2番目に好きな街が渋谷です。

ハチ公前の広場から、カエデの葉脈のように、通りがいくつかに広がります。109は渋谷のシンボルですね。僕にとっては目印で、友達に「入ったことある?」と聞いたら、やっぱりありませんでした。あれは外見こそが重要な塔って感じ。中身に用事がある人のことを僕はまだ知りません。

新宿2丁目と渋谷はどこか似ている、少しだけそう思うときがあります。

ハロウィーンのとき。僕はゲイ友達と、それから、公園で拾ったフランス人の彼を追いかけて単身渡仏した女子友達と、3人で渋谷に来ていました。中田ヤスタカがDJをやるというので、それが目的。

クラブエイジアの周りは仮装した若い人達ばかり。僕も仮装をしていたのですが、たくさんの人に声をかけられます。すごく軽い。酒を飲んで僕も楽しく応じます。

軽さと、鮮やかさと、奇抜さと、色違いな感じと。そして、ときおり寂しいスポットがふっとそこかしこに現れるのも、新宿2丁目に似ている感じがする。

渋谷で僕のお気に入りのスポットは実はスターバックス。本を読みながら、スクランブル交差点を上から見渡す二階席。人の流れが面白いのです。雨が降ると、傘が開いてもっと面白いです。

渋谷に雨が降ると、その雨は下水幹線をくぐって暗渠に流れ込みます。渋谷川は、JR渋谷駅の手前で地下に潜って、そこから地上に出てきません。渋谷の地下には真っ暗の川がながれているんです。こういう地下を流れる川を暗渠(あんきょ)といいます。

いろいろなものが押し流されて、暗渠をたどって渋谷から出ていくんだろうな。夜の雨ほど、センチメンタルにそんなことを考えます。