2011年4月4日月曜日

子どもを持てなくても

ゲイとシングルマザーの会というのを結成しておりまして。発足したのが昨年の九月頃だったかな。年齢層は上から下まで。


子供、シングルマザー、ゲイを中心に仲良く遊んだり、交流やイベントを続けています。楽しく活動が続いています。それで先日の土曜日も新宿御苑でお花見だったのですが、それもとても楽しかったです。

いやー、回を重ねるごとに、特にゲイと子どもたちが仲良くなってて。

僕も彼氏も子どもが大好きなので、一緒に走りまわったり、かけずりまわったりして。肩車したり、子どもをふりまわしたり(笑)。

遊んでいて思ったんだけど、男の子よりも、女の子のほうが、活発!

女の子は、木に登ったり走りまわったりボールを投げたり芝生や土をいじったり、とにかくあっちこっち移動しながらはしゃいで遊んでいるんです。で、一緒になってゲイのおにいさんやおじさんたちがギャーギャーいいながら遊ぶのです。

対して、男の子たちのほうが、比較的、おとなしい。おしゃべりしながら飲んでいるママたちの近くにぴったりくっついていたりして。

まあ、ずっとそうだったというわけじゃないんだけど。

今回もとても楽しかったです。子ども好きなゲイたちは参加すると良いよ。

寝坊して一時間半も遅刻してのこのこ出かけて行った僕に対して、彼氏の方は朝五時と早起きだったみたいです。手の込んだ手料理を作って花見に持っていってました。

知人のゲイも相方さんを連れてきていたりしていて、なんとケーキを作って持ってきてました。

ママたちも本領発揮でいろいろつくって持ってきていたので、なんかもう僕はもっぱら食べるばかりで。とにかく食べ物がスゴイ量。

食べて飲んで子供たちと遊んで……、なんつか、これでいいのか俺、という感じで(笑)

いちおう一品持ち寄りと言われていたから、シュウマイ持っていったんだけど、完全に出すタイミング見失って、彼氏が何品もだしてたからいいかと引っ込めました。家で一緒に食べましたけど。

お花見、結構、御苑には人がいっぱいいました。

石原都知事による花見自粛の呼びかけがあったので、「かつてこれほどまでに花見を敢行することが政治的意図を持ったことなどあっただろうか」なんて話も出ていたりしていたんですが、いやはや案外、たくさん人は出ていました。いい天気でしたしね。

暑すぎて、僕、半そでで走りまわってましたよ。

そうそう、震災以降、小さな子どもを抱えるママたちもやっぱり大変だったり不安だったりしたみたいで。放射線の心配とか、水や食べ物の心配とか。

小さい子どもを抱えるママたちは、やっぱり、これから先の日本のこともとても不安でいっぱいなんじゃないかなあと思いました。

でも、その小さい子供たちにこそ、希望がいっぱい詰まっているんですよね。とても尊い未来をいきる子供たちです。

放射線のこととか考えると「これから先、赤ちゃんとか産めなくなるのかな」という話も。やっぱり、これから先、日本の少子化はますます進むのかもしれませんね。

僕はやっぱり、社会全体が子育てに前向きにならなきゃいけないと思います。

ママにもパパにもなる予定がない僕だけど、実は、子どもたちと遊んでいるときなんと「パパ」って呼ばれたんです。その子は何を思って、俺をパパって呼んだんだろう。

思わず「そ、その呼ばれ方は複雑すぎる」と苦笑いしてしまった僕なのですが、でも、こう考えることもできる。社会の男達はみんなパパで、女性たちはみんなママなんだって。あ、性別で分けるのもあれかな。なんていうか、みんな、ペアレント?

社会全体が、実母実父とまではいかなくても、子供たちの「親世代」なんだっていう気持ちをもっていることが大事だよね。

そうすれば、誰のために社会を作っていかなきゃいけないかって、僕は自然と答えが出るんじゃないかと思います。僕はどの選挙でも「チルドレン・ファースト」で一票を入れたいですね。

ちなみにそのあと「ババア」とも言われました。キー!!

関連記事:
僕たちの中の小さな神様、対応可能性を育てるということ ー 男色系男子