2011年5月27日金曜日

謎だなんて思わない、さよならポニーテール

友達がtwitterで紹介していたので、「さよならポニーテール」という音楽ユニットの存在を知りました。いや、これは音楽ユニットなのか? なんと表現するのがいいんだろう?

音楽による物語のプロジェクト、さよならポニーテール。

こんな何かを待ちわびていた!

普段はエレクトロを中心にバキバキピコピコした曲ばかり聴いている僕。

その僕が、いつもだったら絶対に手を伸ばさないタイプの、アコースティックでゆるやかなこの曲たちを、この作品たちを気に入ったのには、なんとも言い表しがたい感動があると思います。

たぶん、それはこれを単なる曲ではなくて「音楽による表現」なんだと受け止めたから。音だけがすべてじゃない。音楽をつかって「表現」をしている。

さよポニの音楽には、歌詞がうたう想いのうしろがわに、音やイラストがかき鳴らす世界がある。ギターの音色が、気負いのない歌声が、歌詞の背後にあるあざやかな緑の木々や、ここちよい春風や、雪降る街並みを、教えてくれる。シンプルでひろがりのあるイラストが、音楽と一緒に、作品世界をあらわしている。そして歌詞に歌われる想い。別れるときの切なさ、恋する気持ち、普遍的でそのままでかざりけのない、その気持ちが、音楽を通してあこがれるほど心を揺さぶる物語になる。

ひとそれぞれ受け止めかたは違うかもしれない。けれど、たしかに作り手たちの中に息づいている世界観を、僕達に紹介する、そういう音楽なんだと僕は感じました。

気に入った僕はさっそく、このネット上に散らばった、さよポニの作品たちを探して、色々とめぐりました。

謎だとか、正体不明だとか、インディーズミュージシャンの売り出しをはやしたてるような評判のつくりかたがそこにはあった。

でも、そんなこと、正体なんて本当に謎なんだろうか?

検索をしてMyspaceを開けば、特集記事をひらけば、そこには、あゆみんもなっちゃんもみぃなもいる。クロネコだって、インタビューに答えてる。こんなにも作品世界と作り手たちの決めごとがちゃんと説明されている音楽、いまどきそうそうないじゃないか。twitterをやっていたり、HMVでインストアライブをやったり、現実の作り手たちに融け合うおはなしやキャラクターのつくられ方も、なんて巧妙なんだ。

MyspaceやYoutubeの再生ボタンを押すと、まるで読みさしの絵本を開いたかのように、そこに続きのある世界観がはじまる。とても心地が良くて、色合いにゆがみのない気持ちがうたわれる。現実の世界の中で、もじゃもじゃに絡みついたグジグジとしたリスナーの気持ちをいれかえてくれるような音楽。

マジで、か・わ・い・い・っ!!


さよならポニーテール
ブルースインターアクションズ
発売日:2011-04-27


さよならポニーテール、僕は謎だなんて思いません。

謎は気になるから謎なのだから、さよポニに謎なんてないということでいいと僕は思うのです。

きっとそのままだよ。

たとえばライブをしたとしても、そのままを見せ続けてくれるよ。