2011年6月16日木曜日

ちくしょう

幸せをひとつのかごに盛ることはリスキーだ、と僕は考えています。

この考えかたは、特に目新しいものではないと思います。

仕事や趣味、恋愛や家族、健康や好奇心、多くの分野に幸福の目盛りがあると思うのですが、どれかひとつにだけ心血を注ぐことは、結果的に全体のバランスを崩し、すべてを台無しにしてしまう可能性が高い行為だと思います。

でも、でも。

そのことをちゃんとわきまえた上で、それでもどうしても成し遂げたい、あきらめたくない、そういう種類の幸福――この場合は、夢と言っていいかもしれない――そういうものに出会うことが、この世の中には、確実にあると思います。

夢は諦めなければ叶う。

その言葉を、信じられる人間だろうか?

その言葉を、信じることが出来る人生を、自分は授かっているだろうか?

こういうこと、考えたこと、ありますか? 僕は、あります。

天才ってのに、できれば生まれたかったけど、負けてたまるかっていう。

ちくしょう。