2011年10月18日火曜日

こんなにいる! 和製レディー・ガガたちが増殖している件

きゃりーぱみゅぱみゅが「JAPANESE GAGA(和製レディー・ガガ)」として世界的な人気を呼んでいます。

前回の記事でも書きましたが、北欧を中心に彼女が海外からの人気を獲得しているのは、クール・ジャパンならぬWeird Japan(ヘンなニッポン)がつくる「Kawaii」の象徴として、秋葉原ではなく「ハラジュク」を拠点とした戦略的な成功でしょう。

きゃりーぱみゅぱみゅについてそろそろ一言いっときますか きゃりーぱみゅぱみゅについてそろそろ一言いっときますか #男色系男子 きゃりーぱみゅぱみゅについてそろそろ一言いっときますか #男色系男子

しかし、この成功をこころよく思っていないだろう(勝手な推測)、オンナたちがいます。

そう。

今もなお増殖を続けている数多くの自称(?)「和製レディー・ガガ」たちです。

今回はそんな和製ガガたちを一挙にご紹介したいと思います。



エントリーNO.1 MAA



楽曲は個人的には結構好きです。エレクトロかつキャッチーで、声の重ね方も好みです。けれど、いまいち、ファンを増やしているとはいいがたい気がする彼女。

正直、音楽事務所がいかにも「和製レディー・ガガ」として売りたがっているのは、カッコ悪いです。だいたいアイドルでもモデルでもない売り方で、いまどき作曲もアートワークも自分で手がけないのに、エレクトロポップの領域で勝負しようというのはちょっと厳しいんじゃないでしょうか。

楽曲のプロデューサーをちゃんと前に出すというのは、特にエレクトロ系の楽曲における売り方の大事なところのはず。リスナーは曲を書いてもいない彼女のファンにはなりえないだろう、と僕は思います。

彼女の歌詞、意外といいかな? とは思うんですけど……でも、微妙。

せめて、楽曲制作者と彼女のコンビユニットとして売りだされていれば、もっと違ったかたちで評価できたのに。そこが残念です。

エントリーNO.2 キムビアンカ




同性愛、セックス、フェティシズムなどをテーマにし、ゲイカルチャーを愛するキムビアンカ。

サウンド自体は正直そんなに目新しくないポップミュージックなのですが、歌詞とヴィジュアルとパフォーマンスを含めた音楽性でいえば、まさに、ガガのフォロワー。

「脱ぎなさいよ」は耳に残りますね。

個人的にはゲイカルチャーを愛するアーティストの一人として好きです。あと、僕自身は面識はないけど、共通の知人が何人かいるので、身近な存在として応援したいなとは感じています。

でも、どうなんだろう、周囲を観測している限り、売れる気がするかというと……。なんか正直たりないと思ってしまって。そこそこ活動長くて露出もしてるのに、火がなかなかついてないという感じ。うーん、キムビさんごめんなさい。

エントリーNO.3 ゼブラクイーン



誰かと思えば、実は仲里依紗。

YouTubeのコメント欄はガガのパクリなのかどうなのかという議論でもちきりですが、企画物なんだし、いいじゃない、という気はします。

楽曲を提供しているのは元気ロケッツなどにも楽曲を提供しているハウス系の人で、飛内将大というひと。結構バキバキなので僕は好きです。

ちなみに、仲里依紗は自分の名義での音楽活動は絶対に嫌だと拒否しているそうです。

エントリーNO.4 mini



正直彼女を入れるかどうかは迷ったのですが、いちおう、和製レディー・ガガ路線、と紹介されているのを見たので彼女も。

聞けばわかるだろうと思いますが、エイベックスです。

歌詞は西野カナ路線の恋愛症のオンナノコ系ですから、精神的にはかなり違いますけれど。

わりとどうでもいいです。

エントリーNO.5 マドモアゼル・ユリア(MADEMOISELLE YULIA)



今後もっともチヤホヤされるに違いない和製レディー・ガガが彼女。

すでに有名アーティストとのコラボも複数実現しており、なんたってEMIだし、ついでにプロデューサーはm-floのVERBALです。アクセサリーブランドも手がけてファッション誌でも活躍中だし、あちらこちらで、たいがいチヤホヤされるに違いありません。

そのうちナタリーとかでもPower Pushされるんでしょう。

けど、どうなんだろうなあ。

本当にこれが今売る和製ガガでいいの? とは感じてしまいます。緑の髪もいかにもどうなの?

メンツと名前がえらいのは分かるんですが、でもこれ本当にカッコイイか?



以上、きゃりーぱみゅぱみゅ以外の、和製レディー・ガガっぽいひとたちをあげてみました。

個人的には沢尻エリカ様あたりがこの戦争に名乗りをあげてもいいんじゃないかと思っているんですが、なぜかきれいぶったバラードみたいなものばっかり歌っていて、残念です。

あと、ジャンルが違いますが、女王蜂なんかも、奇抜系ファッションの系譜で言えば、和製レディー・ガガっぽい、みたいなことを言われる可能性はある感じですね。




もし上述した彼女たち以外で、ご存知の和製レディー・ガガがおりましたら追加いたしますので、ブックマークコメントなどでお知らせいただければ幸いです。

ちなみに……。

レディ・ガガ、パロディ・キャラのレディ・グー・グーを差し止め
http://www.barks.jp/news/?id=1000074083

レディ・ガガのパロディキャラ「レディ・グーグー」さんはレディ・ガガ本人から訴えられてしまいました。

真似し過ぎは良くないということですね。

訴えられて差し止めをくらってしまったグーグーさん(年齢不詳)