2011年12月27日火曜日

きゃりーぱみゅぱみゅ「きゃりーANAN」のコマーシャルをどう思う?

きゃりーぱみゅぱみゅの新曲「きゃりーANAN」をイメージソングに採用したCMが公開されました。求人情報サービス「an」のテレビCMで、1月7日から全国で放映予定とのことです。



中田ヤスタカは数多くのCM楽曲を手がけてきましたが、その転換点となったのは、Perfumeがエスキモーピノとタイアップした「シークレットシークレット」以降ではなかったかと思います。

メジャーデビューへの階段を駆け上がり、CMタイアップを獲得したPerfumeのヒストリーを描いたMVでは、タイアップ商品であったピノを作品中に堂々と取り込みました。アーティストがその作品の中に商品のプロモーションを取り入れることは、多くの場合、批判を浴びそうなことですが、「シークレットシークレット」のMVは巧みな物語性でそれを成功させました。



以降、Perfumeは商品性を意図的に取り入れた楽曲タイアップをいくつも発表してきました。

「シークレットシークレット」に続いて、エスキモーピノとのタイアップ「NIGHT FLIGHT」ではピノカラーのキャビンアテンダントをPerfumeが演じました。「ナチュラルに恋して」では「NATURAL BEAUTY BASIC」のブランドイメージを表現し、「キリンチューハイ氷結」シリーズでは、「レーザービーム」「微かなカオリ」「GLITTER」と、歌詞がそのまま商品を表現するCMを直球でだしてきました。

KDDIのiidaシリーズではPerfume楽曲のみならず、capsuleの楽曲をCMとタイアップさせました。また、最近ではcapsuleの「WORLD OF FANTASY」が、ドライブミュージックとしての表現とカーナビのブランドイメージを見事に融合させています。

今回の「an」CMはその中田ヤスタカのコマーシャル楽曲における、まさに到達点ともいえるような出来なのではないかと思います。商品ブランド名である「an」を連呼する歌詞という、かなり振り切れたものになっていて、正直なところかなりリスキーなものに仕上がっているのではないかと思うのです。

金儲けや商売といった性質が楽曲の一部であることに、多くの人は反発を覚えるでしょう。そういう反発は健全なものだし、「商売に音楽の魂を売り渡した」といった扇情的な表現は当然出てくるに違いないと思います。

ただ、前回の記事でも紹介したように、オノマトペ的な「日本語の繰り返し語」をアーティストアイデンティティとして表現するといった意味において、「きゃりーANAN」は見事にそれを体現している楽曲です。

楽曲の表現を成し遂げたうえで、あえて商品性を楽曲に取り込んでいるのであり、これらはPerfumeやcapsuleのCM楽曲とも共通することです。商品性を取り込んだうえで楽曲の音楽性を確保することは、そうしないことよりも難しいことのはずで、昨今の中田ヤスタカ楽曲には挑戦心のようなものを感じずにはいられません。

ところで、今回タイアップとなったのは非正規雇用の求人情報サービスである「an」なのですが、これときゃりーぱみゅぱみゅがタイアップすることには、時代の空気を感じます。

きゃりーぱみゅぱみゅのファッションを「『かわいい』のためだけのリスキーなファッション」とアメリカのティーンが評したそうですが、まさに言い得て妙。

周囲との調和や規範から逸脱するきゃりーのファッションは、費用も手間もかかります。社会人であのファッションを出来る人は相当少ないはずで、一般的にはいくつかのリスクをとらなくては選べないファッションです。

自らの好きなもののために社会的な規範や通年にしばられない、というのは、まさにフリーアルバイターのライフスタイルのひとつです。髪を染めることや服装の自由は、anのようなアルバイト情報誌において重要視される項目であり、きゃりーぱみゅぱみゅをイメージソングに採用した「an」側の思惑とも無関係ではないでしょう。

CMの映像でもそれは的確に表現されています。

「レジ店員」「力仕事」「ウエイトレス」といった仕事はスキルの蓄積がなくても、履歴書のキャリアがなくとも可能な、「好きなように自由に」の引換に与えられる低賃金労働といえるでしょう。

それを「かわいい」ポップな音楽とファッションでデコレーションしてしまうのがきゃりーぱみゅぱみゅの役目となっています。ブランド名を連呼して、商品性の内実に触れないつくりになっている点も、かなり意図的なものではないかと思います。

政治的な是非はおいておくとして、戦略的にはある種のリスキーさをも含めて見事なCMです。

ピノのようなアイス菓子、携帯電話といった商品性を取り入れたのは序の口だったというわけです。アイドルにアルコールを飲ませるCMを経由して、今回は非正規雇用の求人情報サービス。

商品性を組み込んでなおアーティストアイデンティティを実現する中田ヤスタカ。

「きゃりーANAN」はフルバージョンでの音源がまだ発表されていないため、楽曲そのものについてはまだなんとも言えません。ただ、今回のタイアップCMは、中田ヤスタカが手がけてきたコマーシャル楽曲における、ひとつの到達点のようなものであるような気がします。

きゃりーぱみゅぱみゅ
ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2012-01-11