2012年3月23日金曜日

LGBTと一人親家庭の「にじいろパレット」交流会が開催されます

僕はいま九州に住んでいるのですが、東京に住んでいた間、「にじいろパレット」という交流サークルに参加していました。

東京を離れることになった時に特に名残惜しかったのがこの「にじパレ」で、九月に東京に戻ったときにも、短いスケジュールの中で、にじパレメンバーとの交流に参加してきました。

「にじいろパレット」は、セクシュアルマイノリティとひとり親、子どもたちの交流サークルです。



もともとは「シングルマザーとゲイが、子育てを介して助け合えないか?」という発想からはじまったこの交流サークル。ゲイは子育てしたくてもできない。シングルマザーは子育ての中でいろんな悩みを抱えている――。そんな両者が出会ったら。

活動を続ける中で、ゲイやシングルマザーに限らず、「子育てしたくてもできないセクシュアルマイノリティと子育てをしているひとり親」というように参加メンバーも多様化するようになりました。

僕はサークルがはじまったころからのメンバーで、子どもが大好きな僕は、この「にじパレ」でいつも子どもたちと仲良く遊んでいました。

身体が大きい僕は、肩車などをしてあげると、子どもたちには特に喜ばれました。

僕はゲイだから、子どもをつくることも育てることも、今後できないでしょう。

だから、この交流会に参加しているときはほんとうに楽しかったです。

「うちの子どもたちと一緒に遊んでくれてありがとう」とママたちに言われたときも、ほんとうに嬉しかった。

子育ての悩みと、子育てしたくてもできない悩みを持ち寄って、つながりをつくることで解決への糸口になれば――という思いで、この活動は行われています。

数としては、いまのところゲイをはじめとしたセクマイのメンバーのほうが不足している感じなので、もし僕の記事を読んで参加してくださる人が増えればいいなと思っています。彼氏彼女がいないなら、出会いもあるかもしれませんよ。

ひとりで参加する人はたくさんいるし、みんな優しく受け入れてくれるメンバーばかりなので、「人見知りしちゃうかも」なんてひとでも、ぜひ思い切って参加してみてください!

4月7日(土)12時30分から 新宿御苑にてお花見会を開催いたします。下記のポスターのアドレスまでぜひお気軽にお問い合わせください!

にじいろパレットの公式ブログはこちら

あー、俺も東京にいたら参加できるのに!

俺のぶんまでみんな楽しんできて!!