2012年9月24日月曜日

田舎のシャッター街に変化は起きているの?

タイトルが疑問文で、すみません。

現在、僕が住んでいるのは佐賀県佐賀市、いちおう佐賀県の県庁所在地です。

東京の大学に七年くらい通ったんですが、地元に戻って来ました。Uターンは迷ったけれど、戻ってきて正解でした。

自分のしたいことに集中できる環境があるし、仕事もきつくないし拘束されないし、生活するのが東京にいた頃よりもずっと気楽です。このあともずっと住み続けよう、とまでは思ってないんですけど。

観光地である長崎と九州の中心である福岡にはさまれた佐賀県は、たぶん典型的な田舎です。

ロードサイドにショッピングセンターやファストフード店などが立ち並んで郊外化が進み、中心市街地の空洞化が進みました。

僕の幼い頃には、商店街がすごく賑わっていたんですが、高校生・大学生になるころには、それらがすべてシャッター街になっていました。

数年前、商店街の静けさと言ったら、怖いくらいでした。とにかく閉まった店ばかり。文字通りシャッターの閉まった店が多くて、人もほとんど歩いてなくて。



アーケード商店街のふるぼけたアーチがやたら物悲しくて。営業を続けている店のほうが少なくて、それも本当にどうやって営業しているんだろうと思うくらいに、お客さんなんていなかった。みんな、車でジャスコとかに行っちゃうんですよ。

ただ、最近、気がついたら、それが変わっていたんです。いつからこんなふうに変わっていったのかは、正直わからないんですが。

以前、シャッター通りと化して吹きさらしの風しか吹いていなかったような駅前通りとか元アーケード商店街に、「あっ、いいな」と思わせるお店が少しずつ増えてるんです。復活したとまでは、とても言えないレベルですけれども。

具体的に言うと、ケーキが美味しそうな喫茶店とか、こだわってそうな小さいワインバーとか、あと居酒屋系もちゃんと凝ってる感じの、おしゃれで個性的なお店が多い。まず、外観が綺麗で、ほんと妙にこだわってる。たいていが個人経営っぽいです。あと、アーケードの屋根も取りはらったりしてるところもあって、周囲もすこし明るくなってます。

決してお客さんが多いわけじゃなさそう。普段の人通りはやっぱり多いとはいえないんです。うん、少ない。

なんでこんなところにお店出したんだろう、って思ってしまうくらい普段の人通りは寂しい。そりゃ、シャッター通りだったんだから、家賃とかも下がってるんだろうなとは思うんですが。

僕が抱いた印象は「儲からなくてもいいから、自分のお店を持ちたい、自分の好きなお店をやりたい、みたいな人たちが、客も少ない地価の安いシャッター通りにお店を出し始めた」っていう感じ。

実際、あんまり儲けようとしてないよね、って感じの価格設定なんです。すごく良心的。

あと、シャッター通りになっても昔から残ってる店というのもありまして。そういうのは、たいてい、固定客が着いた老舗のいい味だしてる感じのお店なんですね。

それでもやっぱり、お客さん来てないよなー。と思いながら、ここ一年くらいその変化を見てたんですが、この週末、やっとあることに気がついたんです。

金曜日の夜の街が、なんか明るくて幸福観溢れてるようにみえるのが。

石畳の夜の街路に、いろんなお店が明かりつけて、人通りもいつもより増えてて。

思わず「あっ、こんなに人いたんだ」って口に出してしまいました。

といっても、都会の人出とは比べ物にならないです。話しにならないくらい少ないです。でも、いつもよりちゃんと華やかで。みんなお気に入りのお店に飲みに来てるんだな、って感じで、なんか街の中が、明るくて。雰囲気がすごくいいんです。

たぶん、土日はロードサイドのショッピングモールとかに行くんでしょうね。でも金曜日の夜にはこのあたりに来る人もちゃんといるんだな、と思いました。

正直、交通の便はものすごく悪いんです。駐車場少ないし、車道狭いし、郊外の方がアクセスはずっといいんですよね。ロードサイドのチェーン居酒屋とか焼肉屋とか、ボーリングとかカラオケとか、たぶんそういうところのほうが、きっと勝手はいいと思うんです。

それでも車をちょっと外れたところに停めて、商店街の中まで歩いてきて、それで飲みにきたりしてる人ってこんなにいるんだなと。

僕もあるイタリア料理店にこの前足を運んだんですが、美味しかったです。サービスも良かったし、イタリア料理もワインもとっても美味しかったんです。車じゃなくて、自転車で行きました。そういう立地だったので。

外装も内装もおしゃれでゆったりとした空間で、オーナーがこだわってるんだろうな、というお店。

東京でこんなお店に入ったら一体いくらとられるだろうって感じです。東京でもまず新宿とかにはなさそうな店のつくり。お店自体は決してひろくないんですが、それ以上に、席数がすくないから、すごくひろく感じました。それで値段も普通なんです。

交通の便の悪い中心街や、一度潰れたアーケード商店街。潰れてしまったお店がすっかり建てなおされたり、作り変えられたりして、こういうお店が少しずつ増えているような感じがします。ちゃんと数えたわけじゃないんですが、シャッターの数はぐっと減ってる気がします。あるにはあるんですが。

これって、他の田舎のシャッター通りにも、似たようなことが起きているんでしょうか。それとも、僕の認識違いや、佐賀県特有の現象(自治体が中心街の復興に取り組んでるとか→探してみた:こういうのこういうの)なんでしょうか。

私、気になります(千反田える)。

追記;

聞くところに寄ると、僕が一番いま気に入ってる良い感じのお店が並ぶ場所は、元アーケード商店街だったところなんですが、そこの商店街の組合は破産手続が行われて、元商店街だった土地を、いまは市が管理しているらしいです。