2012年10月31日水曜日

もうすっかりKindleにハートを掴まれました

先日スタートしたアマゾンジャパンの「Kindleストア」。

さっそくAndroidのスマートフォンから利用しているのですが、すっかり惚れ込んでしまいました。もちろんパーフェクトというわけではなくて、これからの改善や成長が望まれるわけですが、「ああ、これで紙の書籍を買うことは極端に減るだろうな……」と感じた次第です。

まず、買うための敷居が異常に低いですね。

これは賛否両論あると思うのですが、自分のクレカを登録したamazonアカウントと連携さえ済ませてしまえば、たったワンアクションで購入できる状態が整ってしまうのがすごいですね。

「ワンクリックで購入」ボタンを押した瞬間、「購入ありがとうございました」。本当にワンクリック。

次の瞬間には本を開いて読み始められます。購入が簡単すぎて危ないくらいです。

そして、読みさしのページが自動的に保存されているのもすごくよいです。

紙の本だとよく栞をはさみわすれて、「どこからだったっけ?」となるところですが、Kindleは自動的に読んだページを覚えておいてくれます。これはかなりありがたいです。

今まで使った電子書籍ストアのなかでも、使い勝手はピカイチです。

Kindleではライセンスを買うのであって、書籍データそのものを買えるわけではない、という話があるそうですが、いちユーザーとしてはあまりネガティブなポイントには感じません。むしろ、端末を壊したりなくしたりしても、アカウントが生きてさえいれば良いのだと思うとかえって安心です。

また、他の電子書籍ストアに比べたときに、「Amazonなら、今後も使い続けられるだろう」という安心感も大きいですね。正直、KOBOとかGALAPAGOSとか、そのうち使わなくなるだろう、と思ってしまうので。

自分のスマホを気に入っているというのも大きいです。「Galaxy SII WiMAX」を使っているのですが、画面が大きめのスマホで僕にはかなりしっくりきている端末なのです。

これから自分のKindleアカウントにどんどん本が増えていくのが楽しみです。

ただ、結局のところ、最もハートを掴まれた理由。

それは、「実際にKindleで胸を打つ読書体験をした」ということでした。

冲方丁さんの「天地明察」をいまさらながら読んだのですが…、

もう、ぐぐっと。

ハートを掴まれてしまいまして。星と算術にのめりこむ晴海がもう本当に愛しくて。

職場の休憩時間に読み、仕事帰りの信号待ちでも読み、布団の中でも読み。画面をタップしてページを捲る手が止まりませんでした。

以前僕は「電子書籍はバックライトで夜眠れなくなるよなー」と言っていたのですが、逆に睡眠を惜しんで読み進めるのには最適でした。そしてバックライトが気になる人にはPaperwhiteもありますからね。

なんだかんだ言って、電子書籍を好きになれるかどうかって、そこで「大好きだと思える一冊」に出会えるかどうかだと思います。

スマホ開けばすぐそこに好きな一冊がある喜び。これって結構でかいと思います。