2012年11月16日金曜日

「同性愛を公表しているブロガーなんだけど…」の件について

昨晩、ツイッターでの会話をまとめた記事を以下に投稿しました。

同性愛を公表してるブロガーなんだけど見ず知らずのかたからすごく罵倒されてる
http://togetter.com/li/407704

上記のページを読んでいただければ瞭然ですが、多数の反響をいただきました。

僕のtwitterアカウントにも多数のリプライを頂いております。ある程度の反響はあるだろうと予想はしていたものの、想像以上でした。togetterってすごいんですね……。僕のブログも普段からこれくらい人気だといいんですけどね……。

ちなみに僕のリプライ欄が爆発している様子はこちら。

realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=@masafiro1986

(※セクシャル・マイノリティのかたからのリプライも多く、セクマイ系の方に多い鍵アカは上記には表示されないので、これでもごく一部です)

今までにない数のリプライで、正直戸惑っているところですが、個別に返信をするつもりでいます。

リプライの圧倒的多数が「大変でしたね」「相手が悪いですよ」など、僕のことを気遣ってくださるツイートでした。優しい言葉をたくさんかけていただいて、恐縮です。傷ついたのではないか、というご心配はもう大丈夫です。はじめは被害者の気持ちでしたが、まとめを共有させて頂いてから、たくさんの励ましに、かえって過分なお心遣いを頂いているようで、かたじけなく感じております。本当にありがとうございます。

まとめを作成する前は、確かに不快な気持ちでしたが、それを補ってあまりあるほどの反響をいただけました。

このまとめをきっかけに、なんと、応援している作家さんや評論家さんなど、一方的にお慕いしておりました方々から励ましのコメントを複数頂けたのです。さらに、最近疎遠だった友人やフォロワーのかたからも、多くのリプライを頂いて、交友を深める機会にもなりました。セクシャル・マイノリティに対する肯定的な言葉を多数確認できたのも良かったです。

中には否定的なコメントがないわけではありませんでしたが、それはそれで素直に受け止めようと思います。それらにふたたび反論することで、この件に関する応酬が長引くのはあまり望んでいません。今回の件で、僕にも多少の非があったことは自分自身、認めております。

まとめを作成したことで、必要以上の反撃をしてしまった、と感じています。また、僕にも他の応答の仕方があったのかもしれません。もしこの記事を読んでいただいた方で、相手方のカミーユさんに、これから攻撃的なコメントをされようと思っていることがあれば、それは出来ればやめていただければ、と思います。

このまとめを「晒した」ことで、カミーユさんに対して、誰か「僕の味方」のかたが反論してくださることは、確かに僕の想定内でした。僕はカミーユさんとのやりとりに辟易していたため、どなたか第三者のかたが、「カミーユさんのほうがおかしいのだ」と間に入ってくださることを望んでいました。自分で対応を続けるのが、しんどかったのです。

ただ、まとめの反響が僕の想定するよりもはるかに大きな規模となってしまったためか、ゆきすぎたコメントや攻撃的なふるまいが副次的に現れてしまっています。

特に、アカウントを変えたカミーユさんのアカウントを乗っ取っておられる方がおられるようです。さらに変更したアカウントまでも特定して、追いかけておられる方がいます。

カミーユさんとは対立していた当事者の立場ではありますが、それは少しゆきすぎです。カミーユさんが今どう思っておられるかは分かりかねるのですが、さすがにそこまでされては、お困りでおられるのではないかと思います。十分以上に多くの方から批判を受けたと思います。出来れば、変更した先まで追いかけるというのは、やめていただければと思います。

もし僕に同情してやっていただけたことだとするなら、そのお気持ちだけで、もう十分です。今回、僕は必要としていたよりもはるかに多くのお気持ちを頂いてしまっています。ありがたいことですが、このあたりで、ご容赦いただければと思います。

僕も謝っておきます。ごめんなさい。



しかし、多数の人々の閲覧できる場所で争う、というのは本当に覚悟のいることですね。

ゲイの方から「(ゲイを)代表して戦ってくれてありがとう」という言葉をもらいました。

僕は代表になれたのか、代表としては合格点をもらえる振る舞いをできたのか、それは周囲の方の評価ですから判りません。ただ、ブログのタイトルにもそう名づけ、記事を書いている以上、同性愛者の代表例のように見られるかもしれないという覚悟はしています。

同性愛者に対する否定的な評価を引き起こすような、そんな代表例にはならないよう、セクシュアリティの垣根を超えて評価していただけるようなコラムなどを書いていきたいと思っております。

この度は本当にお騒がせいたしました。ツイッター、ブログ、そのほかの記事ともに、読んでいただいているかたや、今回興味を持っていただいたかた、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。ありがとうございました。



蛇足 上記、なんかすごいたくさんのかたに読まれるんじゃないかとビビって、たぶん必要以上に恐縮しながら書いております……。ええと、普段はもっと気さくな人間のつもりですので、仲良くなれば恋話とかもしますので、仲良くしてほしいです。よろしくです。

蛇足2 この騒動ですごい時間取られちゃってるんですが、いま、僕は宮部みゆき「ソロモンの偽証」三部作の最終巻を読んでてめっちゃ面白くて、はやく続き読みたくて、ほんとは人とけんかしてる場合じゃないのです。めっちゃ面白いので超オススメです。