2012年11月25日日曜日

友だちが作家デビューしました。

友だちが小説家デビューしました。

知り合いが作家デビューするのは、二人目です。一人目は円居挽さんで、僕が作ったウェブサイト経由で仲良くしてたみたいな感じなのですが、今回は東京にいたころ飲み友だちだったやつです。

表紙もどーんとでかく紹介しておきましょう。

黒猫の水曜日 Wednesday in Chat Noir (集英社スーパーダッシュ文庫 ち 1-1)
黒猫の水曜日 Wednesday in Chat Noir
買ってください!

全然関係ない話なんですが、先日僕は某小説家志望のかたとtwitterで一悶着を起こしたんですね。

で、そのとき「小説家志望はクズ」とか、見当違いな批判があったんですが、まっとうな小説家志望、まっとうな小説家っていうのはたくさんいます。そして、ゲイフレンドリーなかたはいーっぱいいます。

地本君だってそうです。だって一緒にゲイバーでお酒のんだ仲間ですもの。

実は彼、ずいぶん前に一度すでにとある賞を頂いたことがあったんです。そこから作家デビューと思いきや、しかし、その出版社からは本を出せず、宙ぶらりんな状態が続いてまして。

せっかくの才能がなかなか世に出れないという状態があったんですね。

そのへんのいきさつはあとがきにも書いてあるんですが、このたびようやく本になって小説家デビューしたということで、もう本当に本当に応援しております。

こうなったから思い切り自慢しますけど、デビュー前の別作品、発表前の原稿データを読ませてもらったこともあります(自慢)。その時点ですごく面白かったです。

西尾維新とかみたいな超売れっ子になったらもっと自慢できるので、ぜひ頑張って欲しいです。

本当に彼は筆の速度が速いみたいなので。一回目の賞のときにも数作送りつけたとか、そういうの聞くと、本当にデビュー前の西尾維新とかみたいだなあと。期待の星です。

で、僕も実はまだ読み始めたばっかりで。読んだらまた感想記事あげようと思っています。きっと面白いはずです! デビュー前の時点で面白かったんで、それは間違いない!

わずかな僕のブログ読者にも呼びかけさせてもらいます! 買ってください!